シングルマザーでも風俗のアルバイトはできる?

>

本当に高い給与が得られるのか、学歴不問なのか

高い給与が得られるのか?

風俗の特徴は、やはり収入の高さです。
女手一つで自分の生活費だけでなく子供の養育費をもカバーしなければならないシングルマザーにとって、これはおおきな利点です。
風俗での給与は、タイプにもよりますが、だいたい自給換算で7,000円から13,000円ほどだと言われています。
しかし、給与体系は出来高制なので、この高い給与が完全に保証されているというわけではない、というのが不安材料です。
つまり、お客さんがつかなければ収入が得られないのです。
自分にお客さんがつくのか、不安を抱くのは当然です。
しかし、たいていのお店には研修制度がありますし、客は入りがいいお店を選択すれば、十分な給料を得られると思ってよいようです。

学歴や資格は必要ない

学歴や資格がない人でも働けるのが、夜の仕事の利点です。
ただ主婦として生きていくつもりだったのに急にシングルマザーになってしまったような人に合致した仕事のひとつだと言えます。
オフィスワークなどでは、十分な給与を得るためにはある程度の学歴が必要だったり、会計などの資格が必要だったりします。
そういったスキルを持っているシングルマザーは、風俗に行かずに昼の仕事をして子供を養うことができます。
しかし、そういう武器を持っていないシングルマザーが多いのが現状です。
そうした学歴や社会的地位、資格などを持っていない人でもかなりの額を稼ぐことができ、子供を養育することができるのが、風俗業の良いところだと言えるでしょう。